歯が抱えるトラブルをすぐに改善する方法

歯を白くする

ホワイトニングをするなら歯科に通いつつセルフケアを

歯が黄色っぽい人と真っ白な人では、笑ったときの顔の印象が全く異なってきます。歯が黄色い状態だと、それだけで不潔な印象を相手に与えてしまうので、特に接客業をしている人は歯を白くするために努力をしたほうがいいと思います。 歯を白くするためには、歯科へいってホワイトニングを行うことです。歯科で定期的にホワイトニングをしてもらえば、食べ物や飲み物で歯の色が黄色くなりにくくすることができ、歯自体の白さがアップします。 また、歯科以外でもホワイトニング用品がいくつか販売されているので、自宅でホワイトニングケアをすることもできます。定期的に歯科に通いつつ、自宅でセルフケアを実践して、白く輝く歯を手に入れて下さい。

被せ物をした歯も白くしたい

健康で治療経験のない歯は薬液によって白くするホワイトニングができますが、被せ物や詰め物をした歯、それに場合によっては神経を抜いた場はその方法では白くできないので他のホワイトニング方法を採用することになります。 その方法とは被せ物や詰め物自体を白い物に変える、神経がない歯の場合は白い被せ物をするのが一般的です。ただ、このホワイトニング方法は健康保険が使えないので高額な治療費がかかりますし、仮に被せ物の下が虫歯になった場合に破壊するのが非常に困難というデメリットもあります。 しかし歯の悩みがコンプレックスで引っ込み思案になっているような場合、こういったホワイトニング方法でそのコンプレックスが解消されるのであれば高額な治療費はそれほど負担にならないのではないでしょうか。

» ページのトップへ戻る